工場見学予約の連絡先はこちらお問合せ窓口

宮崎のえびの工場は、最新鋭の設備を備え、環境保全や資源の再利用に取り組み、工場見学も行っています。

コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社グリーンパークえびの えびの工場
トップページ新着情報イベント情報工場見学施設紹介環境対策(資源利用)えびの日記Q&A
循環型社会

トップページ > 環境対策(資源利用) > 環境対策(施設・設備)

環境対策(施設・設備)

こだわりは、自然への恩返し
環境にやさしい最新鋭の設備を備えた"えびの工場"では、豊かな自然と共存しながら地球環境との調和を目指しています。

排水処理施設

  工場で使用した水は排水処理施設で水質管理し、きれいにして戻しています。
  コージェネレーション

  コージェネレーションシステム(自家発電システム)は、天然ガスを燃料に発電して得られる電気と熱を同時に取り出し、排熱をボイラー設備、冷却設備などの熱源として有効利用しエネルギーの削減を行っています。

水蒸気を利用したフラッシュ冷却装置

  製品液などを冷却するために必要な冷却装置には、オゾン層を破壊しない、地球温暖化にも悪影響を与えない冷凍機として、水/蒸気のみを利用する真空フラッシュ冷却装置を活用しています。この装置は、タンク内の気圧を下げることで、水の一部を低温で蒸発させ、気化熱を奪うことで冷却しています。
  ボイラー燃料に液化天然ガスを採用

  ボイラー設備などの燃料に使用される液化天然ガスは、メタンを主成分としておりA重油を使用した場合に比べ、二酸化炭素の排出量が30%~40%程度少ないクリーンなエネルギーです。
ページの先頭に戻る
観光ガイドお問合せ窓口プライバシーポリシーサイトマップ